ピックアップ情報

5 14

毎日新聞で滋賀県生きもの総合調査委員会編『滋賀県で大切にすべき野生生物 滋賀県レッドデータブック2020年版』が紹介されました

▼1515種をリストアップ/県レッドデータブック最新版/イブキコゴメグサ 危惧種に
 
 県は、絶滅の恐れのある野生動物などをまとめた「滋賀県で大切にすべき野生生物―滋賀県レッドデータブック」最新版(2020年版)を発表した。絶滅種は、コバンムシとスジゲンゴロウの2種が追加され17種になった。また、絶滅危惧種に県固有種のイブキコゴメグサなど191種(前 (…全文を読む)
 
5 13

朝日新聞と読売新聞で滋賀県生きもの総合調査委員会編『滋賀県で大切にすべき野生生物 滋賀県レッドデータブック2020年版』が紹介されました

 
▼県レッドデータブック2020版/守りたい 貴重生物1515種収録
 
 県は、県内の貴重な野生動植物の調査結果をまとめた「滋賀県で大切にすべき野生生物―滋賀県レッドデータブック2020年版」を発刊した。絶滅種や絶滅危惧種、希少種など計1515種を収録する。前回に出した15年版より76種増えている。
 県版レッドデータブックの調査は、1997年度にス (…全文を読む)
 
5 10

滋賀報知新聞で小笠原好彦著『古代近江の三都 大津宮・紫香楽宮(甲賀宮)・保良宮の謎を解く』が紹介されました

 
▼滋賀大学名誉教授が近江古代史の謎を解き明かす
 
……7世紀の大津宮(大津市)、8世紀の紫香楽宮(甲賀市)・保良宮(ほらのみや、大津市)という、いずれも重要な役割を果たしながら長い間謎に包まれてきた三都の実像に迫っている。
 同書は2部構成で、第1部「古代近江の三都を探訪する」は2019年1月から12月まで新聞紙面上で連載されたも (…全文を読む)
 

社長・岩根順子のブログ 合羽所

武将といえば石田三成

発信力に乏しい、素材を生かし切れていないなどと、これまで滋賀 (…全文を読む)

専務・岩根治美のブログ 木綿屋おせん

『再考 ふなずしの歴史』が地方出版文化功労賞・奨励賞受賞

地方での出版活動を奨励する「ブックインとっとり」において、『 (…全文を読む)

キシダ式

前川恒雄の訃報に接したので、金井美恵子『カストロの尻』への異議申し立て

 4月10日、前川恒雄元滋賀県立図書館長が肺癌で亡くなった。89 (…全文を読む)

社員のブログ

松本匡代著『石田三成の青春』が「club Keibun」(しがぎん経済文化センター)で紹介されました

  松本匡代著『石田三成の青春』が「club Keibun」(しがぎん経 (…全文を読む)

duet 

あなたの本を作りませんか

電子書籍で読むサンライズ出版の本

書店様へ


イチオシ!の書籍・グッズ

近江旅の本

近江の陣屋を訪ねて

中井 均 編著
A5判 112ページ 並製
ISBN978-4-88325-723-2 C0321
発行年月:2021年03月

内容紹介

江戸時代、居城を構えることが許されなかった藩の居住地や藩庁は陣屋と呼ばれている。滋賀県にはかつて大溝、仁正寺、宮川、三上、山上、小室、堅田の各藩が存在した。陣屋の周囲には武家町や商人や職人の住む町家も…

滋賀県生きもの総合調査委員会 編
A4 676ページ 並製
ISBN978-4-88325-722-5 C1045
発行年月:2021年03月

内容紹介

5年ぶりの改訂により、絶滅危惧種などカテゴリー別に1515種を収録。2015年版から選定種は76種増加した。特に昆虫類が29種増、その他陸生無脊椎動物が27種増。全体的に、分布上重要種や要注目種から希…

疫病退散 角大師ムック編集部 編, 福井 智英 執筆,
A5判 32ページ 並製
ISBN978-4-88325-693-8 C0021
発行年月:2020年06月

内容紹介

平安時代の僧・元三大師良源は、鬼の姿となり疫病を退散させたという。その「角大師」としての姿がお札に描かれ、今も信仰の対象となっている。その伝説と生涯を護符を交えてオールカラーで紹介する。…

滋賀県教育委員会事務局文化財保護課 編
B5 232ページ 並製
ISBN978-4-88325-664-8 C0026
発行年月:2019年10月

内容紹介

京都新聞連載「歴史街道をたどる」を書籍化。西近江路、中山道、東海道、北国街道、朝鮮人街道、八風街道、御代参街道などをたどりながら、街道沿いにある古墳や社寺、城跡などの歴史遺産を解説した街道ウオークに必…

最新刊・グッズ

近江の陣屋を訪ねて

中井 均 編著

滋賀県で大切にすべき野生生物

滋賀県生きもの総合調査委員会 編

ナイチンゲールの『救貧覚え書』から看護と福祉の連関を見直そう!

城ケ端 初子 編著

琵琶湖と古墳

用田 政晴

歴史公文書が語る湖国

滋賀県立公文書館 企画・編集

実践に生かす「看護者の倫理綱領」

城ケ端 初子 編著

滋賀の地籍

滋賀県土地家屋調査士会 編

改訂版 地域共生論

滋賀県立大学地域共生論運営委員会 編

「親鸞聖人の教え」その内実

木田 昌志

古代近江の三都

小笠原 好彦

近刊・グッズ

城郭研究と考古学

中井均先生退職記念論集刊行会 編[2021年05月25日発売予定]

琵琶湖と俳諧民俗誌

篠原 徹[2021年06月05日発売予定]

人間 vs. 病気 その出会いと挑戦・克服の物語

安原 治[2021年06月10日発売予定]

ページの上部へ