2012年 2月 21日

2月26日(日)、守山市でフォーラム「邪馬台国近江説」開催

 
と き 2月26日(日)13:00~16:30【参加無料】
ところ 立命館守山校(滋賀県守山市三宅町250)
  ~弥生ロマンとまちづくりの接点を探る~
史跡認定された守山市の伊勢遺跡と「邪馬台国近江説」をテーマに守山市長や近江説の著者後藤聡一氏らが熱く語らいます。
 
13:00  開会
     司会 善野直依さん〈平成23年度もりやま卑弥呼〉
13:10  講演「弥生ロマンとまちおこし」
     講師 宮本和宏氏〈守山市長〉
14:45  講演「邪馬台国近江説」
     講師 後藤聡一氏〈『邪馬台国近江説』著者〉
15:25  活動報告 守山商工会議所青年部
15:40  パネルディスカッション
     宮本和宏氏 後藤聡一氏
     石田英雄氏 伴野幸一氏 澤井良介氏 葭本勝利氏
16:30  閉会
 
主催:守山商工会議所青年部
 
詳しくは青年部事務局まで
TEL.077-582-2425

2012年 2月 7日

第24回「大近江展」日本橋高島屋で開催

今回は「近江のまつりと物産」がテーマ。
それにあわせ現在-近江 旅の本-『近江の祭りを歩く』を
制作中です。 
今年も、新しい本を揃え展示販売いたしますので、
是非ご来場の程、お願い申し上げます。  
  
   
と き 2012年2月24日(金)~3月1日(木)
    10:00~20:00(最終日は18:00迄)   
ところ 日本橋高島屋8階催会場  

 

2011年 12月 27日

台北で台日韓老樹保護国際シンポジウムが開催されました。

 
2011年12月23日(木)、台湾の台北市にある行政院農業委員会 
林業試験所森林保育ビル12階・国際会議ホールで、 
「台日韓老樹保護國際研討會(国際シンポジウム)」が行われました。 
日本からは、総合地球環境学研究所教授の秋道智彌氏、 
沖縄県森林資源研究センターの生沢均氏・伊藤俊輔氏、 
滋賀県樹木医会会長の北村正隆氏、そして弊社から『神の木 ―日・韓・台の巨木・老樹信仰―』を上梓したばかりの李春子氏が発表者として参加なさいました。
 

行政院農業委員会林業試験所の黄裕星所長(右)に、自著『神の木』を手渡す李春子氏(左)

シンポジウム開始前に打ち合わせを行う発表者

大勢の関係者がつめかけた国際会議ホール

24・25日、日本・韓国からの発表者一行は、国立彰化師範大学歴史学研究所の莊世滋氏の案内で、嘉義県にある国家風景区・阿里山(ありさん)へ。2000mを超える標高に生育した巨大なタイワンヒノキなど、台湾のさまざまな植物を見学しました。

台湾嘉義県にある樹齢約2300年の「阿里山香林神木」(樹種:タイワンヒノキ、樹高45m)

2011年 12月 14日

中井均先生×加藤理文先生 トークセッション開催

 
大坂城を極める」中井均先生 「熊本城を極める」「静岡の城」加藤先生
の刊行を記念し、お世話になっている書店さんでトークセッションを行います。
 

公私ともに仲の良いお二人の肩肘張らないトークセッションで、お城巡りの楽しさがきっとわかるはずです。
普段の講演会などでは聞けない話も飛び出すかも?
 
  

ジュンク堂書店大阪本店

【日時】2012年2月12日 14:00より約1時間を予定

【場所】ジュンク堂書店大阪本店

【参加資格】 「大坂城を極める」または「熊本城を極める」購入者
       ジュンク堂書店大阪本店、サンライズ出版にて予約を受け付けています。
【定員】先着40名

【問合せ先】 サンライズ出版 TEL:0749-22-0627
       ジュンク堂書店大阪本店 TEL:06-4799-1090

 http://www.junkudo.co.jp/


2011年 11月 17日

【ご報告】11/13「錦秋の近江かくれ里を歩く」ツアー開催しました。

 
去る11月13日(日)、『近江のかくれ里―白洲正子の世界を旅する―』出版記念ツアーとして、
「錦秋の近江かくれ里を歩く」を開催いたしました。

参加者は34名。天気ももち、無事にツアーを終えることができました。
ありがとうございました。
 
詳しいツアーの報告は、スタッフブログ「近江っ娘。」にてUPさせていただきましたので、ご覧ください。

2011年 11月 8日

石川県九谷焼美術館で「湖東焼と九谷焼展」開催

「湖東焼と九谷焼展」開催迫る!!
会期:2011年11月12日(土)~2012年2月5日(日)
場所:石川県九谷焼美術館
 
さらに、11月13日(日)には
■記念講演■
 「湖東焼の盛衰と美
 谷口 徹氏(湖東焼研究家・彦根市教育委員会文化財部長)
  監修作品:『幻の名窯 湖東焼』 
 
滋賀県(近江)の近世窯の中で、優品をたくさん制作した湖東焼(井伊家伝来品を含む)を公開展示。
絢爛豪華な湖東焼と九谷焼の優品約70点を並べ、独自の個性と共通点を感じてもらおうとする展覧会です。
この機会に、技術や職人が行き来した湖東焼と九谷焼の歴史にふれてみませんか。

2011年 10月 6日

『昭和17年、戦時学生の日誌』八商同窓会報で紹介

『昭和17年、戦時学生の日誌』が八幡商業高校の同窓会報に掲載されました。著者で旧制中学OBの筈見時男さんが寄稿されたもので、内容などがカラーで紹介されています。本書は文中にあるように、日本グラフィックサービス工業会(ジャグラ)の作品で最高賞である「経済産業大臣賞」を受賞。また、日本自費出版文化賞でも入選作品として顕彰されました。貴重な「昭和の記録」をぜひご覧ください。
 
八商同窓会報記事

2011年 9月 20日

近江かくれ里を歩くツアー11/13[日]開催

いかいゆり子著『近江のかくれ里』の出版を記念して、11月13日(日)、湖北菅浦(長浜市西浅井町)で講演・食事・散策が楽しめるツアー「錦秋の近江かくれ里を歩く」を開催します。予約制・先着40名限定。お申し込みはお早めに。下のツアーちらしをプリントしてFAXにてお申し込みください。

【かくれ里を歩くツアーちらし】

2011年 9月 16日

第4回びわ湖検定

2012年1月29日(日)に『第4回びわ湖検定』が実施されます。

実施に先駆けて、10月7日(金)~12月11日(日)の期間中スタンプラリーが開催されます。

滋賀県内各地に設置されたスタンプの数は100以上!

スタンプラリーでは1施設1点として、最大20点まで加算できます。

(※1級を除く。100点満点に換算した場合)

検定を通して滋賀の魅力を再発見。

また、知識だけでなく実際に各地をまわって滋賀の自然環境や歴史、文化に触れてみてください。

.

【申し込み期間】

10/7(金)~12/12(月) 消印有効

【試験日】

平成24年 1/29(日)13:30~

【お問い合わせ】

第4回びわ湖検定実行委員会事務局((株) JTB西日本大津支店内)

〒520-0051滋賀県大津市梅林1-3-24オーエックス大津ビル1F(JR大津駅前)

TEL:077-522-9258

FAX:077-522-2941

E-MAIL:biwako.kentei@gmail.com

[営業時間]9時30分~17時30分

[定休日]土祝(年末年始12/30~1/3は休業)

.

~公式テキストはこちら~

びわ湖検定公式問題解説集

びわ湖検定公式問題解説集

(関連図書)

第1回びわ湖検定 問題と解答

第2回びわ湖検定 問題と解答

第3回びわ湖検定 問題と解答

2011年 9月 12日

近江戦国スケッチ紀行原画展&寺田みのるさん指導の1泊2日バスツアー

9/17日より「びわ湖花街道」さんにて寺田みのる先生作画、 

木村至宏先生文の「近江戦国スケッチ紀行」の原画展が開催されます。 

 

表紙にも使われている姉川を描いた「姉川夕照」と賤ヶ岳を描いた「賤ヶ岳の春」を展示しています。

姉川も賤ヶ岳も戦国武将達が覇権を争った大きな戦のあった場所です。 

原画を通して戦国ロマンに思いをはせるのもよいかもしれませんね。 

 

【場所】雄琴温泉びわ湖花街道  1F花ごよみ  ホームページ:http://www.hanakaido.co.jp/

【期間】9/17(土)~10/2(日)

________________________.jpg _______________.jpg___________________________.jpg

 

また、寺田みのる先生の指導で、井根の舟屋などをスケッチするバスツアーが、10/22出発の1泊2日で開催されます。

【22日】

午前8:10 毎日新聞大阪本社前集合→天橋立→伊根→木津温泉のゑびす屋宿泊

【23日】

城﨑→午後5:15 JR大阪前着 予定

【料金】

1名様:24,800円(4-5人一室)

27,800円(2-3人一室)

30,800円(1人一室)

9月中のお申し込みで1000円割引。

【お申し込み方法】

はがきに住所、氏名、電話番号明記のうえ、下記までお申し込みください。

〒530-8283

(住所不要)

毎日新聞大阪開発寺田スケッチ係

電話:06-6346-8785

メール:info-tr@mainichi-ok.co.jp

水彩の繊細な色彩と軽妙な筆致が魅力的な『戦国スケッチ紀行』の寺田みのるさん指導のスケッチバスツアー、絵がお好きな方も、スケッチなんてしたことない! という方も、この旅行で芸術の秋を満喫してみてはいかがでしょうか。

ページの上部へ