多賀はゾウの里だぞう

多賀の本 2
多賀はゾウの里だぞう

多賀町立博物館 編
B5 80ページ 並製
ISBN978-4-88325-692-1 C0344
奥付の初版発行年月:2020年06月
書店発売日:2020年07月01日
近日刊行予定
1500円+税

内容紹介

1993年に発見されたアケボノゾウの全身骨格化石によって、「ゾウの里」として知られるようになった滋賀県犬上郡多賀町。20年後の2013年に新たな化石発掘を目指して始まった「古代ゾウ発掘プロジェクト」の、これまでの成果とあわせて、わかりやすく解説。

目次

はじめに
第1章 姿を現したアケボノゾウ
第2章 多賀町に博物館ができるまで
第3章 多賀町古代ゾウ発掘プロジェクト
第4章 プロジェクトで何がわかったの
第5章 多賀は100年前からゾウの町
あとがき

著者プロフィール

多賀町立博物館(タガチョウリツハクブツカン)

1993年に発掘されたアケボノゾウの全身骨格化石の展示を中心に、滋賀県犬上郡多賀町の自然と歴史を紹介する総合博物館。

   

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする

所属シリーズ・ジャンル

生物・環境近刊
ページの上部へ