2020年 4月 20日

大野新著、外村彰・苗村吉昭編『詩の立会人 大野新随筆選集』が京都新聞で紹介されました

 
▼故 大野新さん随筆集 没後10年目に刊行/「H氏賞」京滋で初受賞・守山出身の詩人/引き揚げ体験 結核闘病…回想録など収録
 
 詩壇の芥川賞と呼ばれる「H氏賞」を京滋で初めて受賞した守山出身の詩人、故大野新さん随筆を集めた「詩の立会人 大野新 随筆選集」が没後10年の節目に合わせ、刊行された。終戦後の朝鮮半島からの引き揚げ体験、創作活動を始める契機となった結核の闘病といった回想録などを収めている。
 
 大野さんは1954年、滋賀県内の詩人でつくる「近江詩人会」に参加。2010年に82歳で亡くなるまで現代詩を中心に創作を続け、若手育成にも尽力した。詩集に「家」「階段」などがある。……(京都新聞2020/04/19)
 
詩の立会人 大野新随筆選集
ISBN978-4-88325-681-5
 

2020年 4月 20日

薗田稔監修、李春子編著『東アジアの「伝統の森」100撰 山・川・里・海をつなぐ森の文化』が琉球新報で紹介されました

 
▼生と死の営み 深く関わる(砂川哲雄・石垣市文化財審議会委員)
  
 本書は「I 東アジアの『伝統の森』100撰」と「II 論考」の2章から成る。
 
 「伝統の森」とは、集落の開拓、災害と恵み、文化伝来など人間社会の「生と死」のさまざまな営みと深く関わる森のことである(李春子氏)。
 
 李氏はさらに、山・川・里・海は深くつながり、循環するという。その視点から水と森の普遍性を論じ、伝統の森の空間位置と祭礼を通して「敬森・敬水」を考察する。それと、同時に伝統の森と人間社会が共生する「親森・親水」の重要性についても言及する。
  
 第1章では、こうした視点に立って、神社・御嶽・グスク・公園・水路・マングローブなどが紹介されている。内訳は沖縄本島や宮古・八重山を含む日本の各県から70撰、さらに視野を広げて韓国20撰、台湾10撰を加えている。この選択は、いずれの事例も地域の風土に根ざしたものだからである。
 
 すべての事例がカラー図版として収められ、併せて所在地・由来・文化誌・森の現況についてのコンパクトな解説が添えられており、理解を助けている。
 
 第2章には4人の論考が収められている。2本の論考で日本や韓国の「伝統の森」文化を論じている李春子氏は、最後に「敬森・敬水」の自然観が薄れつつあることを憂い、「伝統の森」の重要性を再認識し、未来につながる実践的保全が急がれると説く。他にも大谷一弘氏、藤田和歌子氏、陳香伊(チンシャンイ)氏がそれぞれ、滋賀県、佐賀県唐津市、台湾の各事例に関する保全活動や今後の課題について報告している。……(琉球新報2020/04/19
 
東アジアの「伝統の森」100撰 山・川・里・海をつなぐ森の文化
ISBN978-4-88325-677-8
 

2020年 4月 6日

渡辺俊経著『甲賀忍者の真実 末裔が明かすその姿とは』が読売新聞で紹介されました

 
▼甲賀忍者「高い自治意識」/20年研究 末裔が刊行/技術や人材集まる
 
……甲賀忍者の本質について「武道、暗殺者集団とは正反対の、中世の農民自治を自分たちでやり遂げた地侍たちだった」との説を主張している。
……甲賀が古代から都に近く、仏教や修験道が栄え、先進技術や優れた人材が集まったことをふまえ、「高い自治、仲間意識と実学を身につけた甲賀武士のゲリラ戦闘ぶりが『質の高い忍び』として世間や戦国大名に称賛されたのではないか」と推測している。
……本能寺の変(1582年)後、明智光秀に追われた徳川家康の窮地を服部半蔵ら伊賀忍者が救ったとされる「神君伊賀越え」について検証し、「真相は全く違い、甲賀武士が全力で支援した」との持論を展開している。……(読売新聞2020/04/05)
 
甲賀忍者の真実 末裔が明かすその姿とは
ISBN978-4-88325-675-4
 

2020年 3月 30日

水野章二編著『よみがえる港・塩津 北国と京をつないだ琵琶湖の重要港』が中日新聞で紹介されました

 
▼塩津港の歴史 遺跡で紹介/県立大・水野教授が編著
 
……琵琶湖の最北端にあり、北陸と京都を結ぶ重要な交通拠点だった塩津港の遺跡をテーマとした初の論文集。平安時代後期における塩津港やその周辺がにぎわう様子を、二〇〇六年からの河川改修、一二年からの国道バイパス工事に伴う発掘調査の結果から分析する。木くずや神社遺構のほか、初出土の起請文木札に注目。「延喜式」といった史料や、琵琶湖水位など環境の変化を踏まえた視点で読み解いた。……(中日新聞2020/03/30)
 
よみがえる港・塩津 北国と京をつないだ琵琶湖の重要港
ISBN978-4-88325-675-4
 

2020年 3月 30日

▼渡辺俊経著『甲賀忍者の真実 末裔が明かすその姿とは』が情報誌「アクセス」で紹介されました

 
……特殊な職業集団のように思われる忍者ですが、甲賀忍者とはすなわち甲賀武士のことを指します。彼らが世に出たのは室町時代、将軍足利義尚が近江の六角高頼を討伐しようとした鈎の陣という合戦でした。甲賀武士は六角方について戦い、ゲリラ戦を駆使して将軍方を苦しめました。……また本能寺の変後の徳川家康の逃亡劇、いわゆる「神君伊賀越え」にも関わります。多くの史料を比較して、実はそれが「伊賀越え」ならぬ「甲賀伊賀越え」であったことを解き明かす章は本書の読みどころのひとつでしょう。……(地方小出版情報誌「アクセス」第519号、2020/04/01)
 
甲賀忍者の真実 末裔が明かすその姿とは
ISBN978-4-88325-675-4
 

2020年 3月 27日

石田弘子著『琵琶湖治水に命をかけた藤本太郎兵衛三代』(淡海文庫64)が読売新聞しが県民情報で紹介されました

 
▼三代にわたる業績本
 
……旧新旭町教育委員会の職員として町誌などを編さんしたのを機に、地元の庄屋藤本太郎兵衛の存在を知って関心を持ち、その後も文献など読んでまとめました。瀬田川はかつて土砂の堆積して水はけが悪く、大雨で田畑が水害を被りました。その解決のため江戸時代後期の半世紀、三代にわたり川ざらえを成し遂げた太郎兵衛の郷土愛と業績を多くの人に知ってもらい、次世代に語り継ぎたいです。……(読売新聞しが県民情報2020/03/27)
 
琵琶湖治水に命をかけた藤本太郎兵衛三代
ISBN978-4-88325-196-4
 

2020年 3月 11日

山﨑喜世雄・村上哲夫著『シニアパッカー世界遺産の旅 イスファハンからイスタンブール4000キロ』が「サライ」4月号(小学館)で紹介されました

 
山﨑喜世雄・村上哲夫著『シニアパッカー世界遺産の旅 イスファハンからイスタンブール4000キロ』が「サライ」4月号(小学館)で紹介されました。
 
▼60歳過ぎのやじきた珍道中海外編
 
 イランのイスファハンから、トルコのイスタンブールまで。18日間で踏破したのは、当時60歳超のふたり。しかも片方は英語も喋れず、海外渡航はツアーのみ。この「やじきた珍道中」を上段、下段に分けてひとりずつ紀行を記すという斬新な形式で本にした。視点がふたつで面白さも倍だ。(「サライ」2020年4月号
 
↓『シニアパッカー世界遺産の旅 イスファハンからイスタンブール4000キロ』
ISBN978-4-88325-671-6
 

2020年 3月 9日

磯田道史氏による渡辺俊経著『甲賀忍者の真実 末裔が明かすその姿とは』評が毎日新聞書評欄「今週の本棚」に掲載されました

 
磯田道史氏評
▼子孫の意地/大量史料で実在を証明
 
 本書は著者がすごい。忍者本は山ほどあるが、こんな本はない。ほんとうに曽祖父が忍者で、それをつゆ知らずに育ったひ孫が書いた本だからである。
 
……渡辺さんが屋敷の中を探すと、出てくるわ出てくるわ忍者の古文書が。なんと百五十点。忍術書もあった。
 
……書かれたのには、忍者の子孫の「憤慨」があったようである。まえがき、にある。「大方の学者先生は古文書や先人の文献とやらを駆使してもっともらしい説明をなさるが、実は現地の実情が全く分かってない空論であることが多い」
 
……貧乏になった甲賀の名門農民が「忍者、忍者」と騒いでいただけ、という甲賀忍者虚像論である。『甲賀市史』も忍者を大きくは取り上げてくれなかった、と、甲南忍術研究会の人々は、私にいう。
 
 ところが、である。甲賀忍者はちゃんといた。渡辺さんの家には、曽祖父が、尾張藩の忍びであり、忍術で仕えていた確かな証拠がのこっていた。
 
……甲賀の忍術が戦国期にどのように展開するかも、地元の視点から詳述している。
 
 甲賀忍者に興味をもつ方には必読の書であろう(毎日新聞2020/03/08)‬
 
▼『甲賀忍者の真実 末裔が明かすその姿とは』‬ ISBN978-4-88325-675-4
 

2020年 3月 6日

毎日新聞書評欄「今週の本棚」に渡辺俊経著『甲賀忍者の真実 末裔が明かすその姿とは』評が掲載予定。評者:磯田道史さん(2020/03/08)

 
毎日新聞書評欄「今週の本棚」に渡辺俊経著『甲賀忍者の真実 末裔が明かすその姿とは』評が掲載予定。評者:磯田道史氏(2020/03/08)
 
▼渡辺俊経著『甲賀忍者の真実 末裔が明かすその姿とは』

http://www.sunrise-pub.co.jp/isbn978-4-88325-675-4/

 

2020年 3月 6日

小社加盟NPO日本自費出版ネットワークが主管する「日本自費出版文化賞」が朝日新聞で紹介されました

 
▼もっと知りたい 文学賞4/自費出版や聖書ラノベも募集?
 
……「日本自費出版文化賞」は20年以上続き、自費出版された書籍を対象にしている。「自分史ばかりと思いきやいろいろなものがあって面白い」。賞を運営するNPO法人日本自費出版ネットワークの川井信良さんはそう話す。その言葉どおり、小説や研究・評論、地域文化など七つもの部門があり、その中から大賞が選ばれる。……(朝日新聞2020/03/05夕刊)
 
日本自費出版文化賞について→https://jsjapan.net/pages/award
 

ページの上部へ