2020年 5月 18日

小社代表がメディア専門紙「文化通信」で紹介されました

 
サンライズ出版90周年記念インタビュー 岩根順子社長に聞く
▼「三方よし」の精神で滋賀を輝かせる
 
▽淡海文庫100冊目指す
……89年に滋賀県出身の民俗学者橋本鉄男(1917~96)氏の著作刊行に携わり、本づくりの基礎を教わりました。……橋本氏は著作などで「近くのものを遠く見、遠くのものを近く見る」という言葉を残しておられます。これは「小さな世界でなく、広い世の中に目を配り、できる限り他所との関わりが必要」という意味。この視点で、購読会員の組織「淡海文化を育てる会」を発足し、同文庫がスタートしました。
 
▼求められるコンテンツ近江から発信
 
▽著者、著作に光を当てたい
……『北近江 農の歳時記』(国友伊知郎著):第5回日本自費出版文化賞・大賞
……『再考 ふなずしの歴史』(橋本道範編著):第30回地方出版文化功労賞・奨励賞
 
▽記念出版は貴重な日本画作品集
……『近江の画人 海北友松から小倉遊亀まで』6月下旬刊行予定
 
▽先人の伝統、文化を伝える使命
……私どもが使用している「淡海(おうみ)」は読みづらいですが、もともと「近つ淡海(あわうみ)」が語源となり、「近江」となりました。「淡海文庫」は、そのような滋賀への強い思いと、滋賀を輝かせようという志を持ってスタートしています。この豊かな自然の中で先人たちが築いてきた伝統、文化を今に生きる私たちの言葉で伝えることが使命。京都の文化を支え、日本の歴史を形成してきた地という自負を持って今後も良書を発行し続けます。……(文化通信2020/05/18)
 

2020年 5月 18日

5/17日、福井新聞1面に『明智光秀ゆかりの地を歩く』広告が掲載されました

 
▼プロが謎解き!「本能寺の変」まで
 
謎に包まれた生涯を史料で読み解きながら、一乗谷朝倉氏遺跡や明智神社、称念寺などの史跡もビジュアルでガイド。大河ドラマ「江」時代考証スタッフ太田浩司氏ら豪華執筆陣。(福井新聞2020/05/17)
 
※同日のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」越前編の放映開始に合わせた「福井にゆかりのある明智光秀書籍特集」に以下の6点が掲載           
 
・小学館版 学習まんが人物館 明智光秀(小学館)
・学習まんが NEW日本の伝記 明智光秀(学研)
・NHK大河ドラマ・ガイド 麒麟がくる 後編(NHK出版)
・明智光秀ゆかりの地を歩く(サンライズ出版
・戦国武将100列伝(展望社)
・明智光秀の生涯(吉川弘文館)
 

2020年 5月 15日

前畑政善・田畑諒一著『ナマズの世界へようこそ マナマズ・イワトコ・タニガワ』(琵琶湖博物館ブックレット11)が読売新聞しが県民情報で紹介されました

 
▼……「ナマズはなぜ田んぼをめざすか?」と題してナマズの生態や習性から書き起こし、国内に生息するナマズを紹介。2018年に新種と認められたタニガワナマズ、琵琶湖の岩場などに棲むイワトコナマズ、田んぼの水路や小川に多いマナマズについて学芸員のフィールド調査やDNA解析に基づき、繁殖や産卵、昼夜の行動パターンのほか、それぞれの形態の特徴などをわかりやすく紹介している。……(読売新聞しが県民情報2020/05/15)
 
ナマズの世界へようこそ マナマズ・イワトコ・タニガワ
ISBN978-4-88325-676-1
 

2020年 5月 13日

小社代表の岩根順子と「淡海文庫」などが朝日新聞デジタルで紹介されました【引用者註付き】

 
▼「淡海文庫」発刊続けるサンライズ出版社長
 
■近江の文化、書籍に残す
 
 1930(昭和5)年の創業以来90年、彦根市に拠点を置き、県内の文化や歴史、自然環境などにこだわった出版を続ける「サンライズ出版」。先代の父豊秀さん(故人)が鳥居本町で、印刷業「サンライズスタヂオ」を開いたのが、出版社の前身だ。
 
 なかでも「淡海(おうみ)文庫」は94年4月の創刊以来、毎月3冊【引用者註1】を目標に発刊している。「近江は都から近い湖という中央の視点の言葉。自らの熱いメッセージを滋賀の視点から届けるという意味で淡海としました」
 
 岩根さんによると、豊秀さんは画家を目指していたがかなわず、代わりに当時、流行した謄写版(ガリ版)印刷に興味を持った。
 
 謄写版は、国内では明治時代に現在の東近江市で開発された。蝋(ろう)を引いた紙に、鉄筆で文字や絵を書いてインクを流して印刷する方法。簡単なことから昭和時代まで、学校などで普及した。
 
 豊秀さんの繊細でモダンなデザインの謄写版は評判を呼び、企業の宣伝ポスターや年賀状にひっぱりだこになり、県内各地に営業活動を広げた。
 
 そうした中、岩根さんは高校卒業後、家業を手伝うように。76年ごろからは出版も手がけるようになった。とはいえ当初は、地域紙や個人誌などの個人出版や公共団体の出版物が中心だった。81年、豊秀さんが亡くなると、経営をすべて担うようになった。
 
 淡海文庫の立ち上げは、94年に県内の民俗学者・橋本鉄男さん(故人)の著書「柳田國男と近江」を出版した際、橋本さんから「近江の文化を発信する文庫を作るべきだ」と説得されたことがきっかけだ。この著書が第1号を飾った。【引用者註2】
 
 当時は近江商人が注目されており、出版は順調に進んだ。その後、城郭や戦国時代、石田三成などと地元を舞台とした歴史ものがブームを呼び、出版事業も波に乗ることができた。
 
 しかし著者に印税を支払うまではいかないという。「著者にも出版費用を一部、負担してもらっている。厳しい状況に変わりない」と現状を打ち明ける。
 
 その中で妹の治美さんも経営を支える。出版を取り巻く環境はインターネットの普及などで厳しさを増しているが、社員10人と共に「地方出版の文化を守る」という信念を持ち続ける。
 
 2015年には滋賀、県立両大学と「おうみ学術出版会」を結成した。近江にこだわった分かりやすい学術書を出版するのが目的だ。
 
 「紙は千年以上前のものも残っている。モノとしての書籍にこだわり、コアでも分かりやすいものを出版していく」。出版人としての情熱は衰えない。(朝日新聞デジタル2020/05/07
  
【引用者註】
 
1:正しくは、毎年3冊
2:正しくは、橋本鉄男著『輪ノ内の昔』(89年上巻、91年下巻、北船木史稿刊行会発行/非流通本)を制作した際に説得された。「淡海文庫」第1号は乾憲雄著『淡海の芭蕉句碑』上巻で、「別冊淡海文庫」第1号が『柳田國男と近江』(ともに94年発行)。詳しくは小社情報誌「Duet」vol.100 特集「自費出版あれこれ」参照。
 
【参 考】
 
淡海文庫(淡海文化を育てる会)について
詳しく
淡海文庫【1】淡海の芭蕉句碑(上)~【65】現代語訳 近江の説話
詳しく
別冊淡海文庫【1】柳田國男と近江~【27】朝鮮通信使と彦根
詳しく
おうみ学術出版会の本
詳しく
 

2020年 5月 13日

福井栄一著『現代語訳 近江の説話 伊吹山のヤマトタケルから三上山のムカデまで』が中日新聞で紹介されました

 
▼易しい現代語訳で近江の説話を紹介/文化評論家が発刊
 
……「古事記」「宇治拾遺物語」など、約六百~千年前の文献から、近江の説話を易しい現代語訳で紹介する。老僧が水面を歩いたり、猛者が巨大な百足を退治したり…。ウソか誠か、摩訶不思議な話も多いが、現在の写真や地図を盛り込み、分かりやすく解説する。
 
 琵琶湖はもちろん、比叡山や竹生島、伊吹山や日野川など、県内ののびやかな自然が舞台で、近江人の人間らしい喜怒哀楽を味わうことができる。……(中日新聞2020/05/13)
 
現代語訳 近江の説話 伊吹山のヤマトタケルから三上山のムカデまで
ISBN978-4-88325-197-1
 

2020年 5月 13日

ゴー宣ネット道場で、薗田稔監修、李春子編著『東アジアの「伝統の森」100撰 山・川・里・海をつなぐ森の文化』が紹介されました

 
▼「伝統の森」100選(高森明勅)
 
……本の第1部では日本の「伝統の森」が70箇所、それに韓国20箇所、台湾10箇所の森が2ページの見開きで、人文学+植物学の観点から取り上げられている。
 
ちなみに、日本の「森」で最初に取り上げられているのは秋田海岸林・栗田神社。最後が沖縄・西表島の仲間川マングローブ林。ふんだんにカラーの写真を掲げ、また森の現況について専門的な記述も見られる。各地の植物専門家や樹医らと一緒に現地調査を重ねて完成させた労作だ。
 
第2部は李氏らの論文を収める。体系性や個別の論述の掘り下げについて、物足りなさを感じる向きもあるかも知れない。しかし、この種の書物はこれまで無かったのではないか。新しい探究の“端緒”としては、十分に意義のある著書だろう。
 
ゴー宣ネット道場2020/05/10
 
東アジアの「伝統の森」100撰 山・川・里・海をつなぐ森の文化
ISBN978-4-88325-677-8
 

2020年 5月 7日

小社代表の岩根順子と「淡海文庫」などが朝日新聞で紹介されました

 
▼近江の文化 書籍に残す/「淡海文庫」発刊続けるサンライズ出版社長/岩根 順子さん/「紙は千年以上前のものも残っている」
 
……「淡海(おうみ)文庫」は94年4月の創刊……「近江は都から近い湖という中央の視点の言葉。自らの熱いメッセージを滋賀の視点から届けるという意味で淡海としました」
……
 2015年には滋賀、県立両大学と「おうみ学術出版会」を結成した。近江にこだわった分かりやすい学術書を出版するのが目的だ。
 「紙は千年以上前のものも残っている。モノとしての書籍にこだわり、コアでも分かりやすいものを出版していく」。出版人としての情熱は衰えない。(朝日新聞2020/05/04)
 
淡海文庫(淡海文化を育てる会)について
詳しく
淡海文庫【1】淡海の芭蕉句碑(上)~【65】現代語訳 近江の説話
詳しく
別冊淡海文庫【1】柳田國男と近江~【27】朝鮮通信使と彦根
詳しく
おうみ学術出版会の本
詳しく
 

2020年 5月 7日

大野新著、外村彰・苗村吉昭編『詩の立会人 大野新随筆選集』が滋賀民報で紹介されました

 
▼「H氏賞」受賞 守山の詩人/大野新さんの随筆集刊行/随筆選集「詩の立会人」 /没後10年 回想録、紀行、交友録など収録/「滋賀民報」に8年半かけて「大野新の人間慕情」を連載
 
……大野さんの回想録と言える「人生の感慨」、県内各地をめぐって綴った「名所旧跡行」、滋賀の文学者との交流を取り上げた「文学をめぐって」の3部・93編で構成……「大野さんの詩は言葉をそぎ落とし、難解と言われていますが、随筆は読む人を想定し、親しみやすく書かれている」……(滋賀民報2020/05/03)
 
詩の立会人 大野新随筆選集
ISBN978-4-88325-681-5
 
人間慕情 滋賀の100人 上
ISBN978-4-88325-030-1(4-88325-030-X)
 
人間慕情 滋賀の100人 下
ISBN978-4-88325-070-7(4-88325-070-9)
 

 

2020年 4月 28日

【おうちで読書】サンライズ出版の最新刊と淡海文化を育てる会のご案内

 
サンライズ出版の最新刊と淡海文化を育てる会についてご案内いたします。
 
外出自粛が求められるなど、感染症の影響は大きくなるばかりですが、ご自宅でお過ごしの際、小社刊行物を少しでもお役立てていただければ幸いです。
 
淡海(おうみ)文化を育てる会にご入会いただくと、淡海文庫を年4冊配本されるほか、全書籍を10%割引でご購入いただけます。
 
▼淡海文化を育てる会について
https://www.sunrise-pub.co.jp/ohomibunka/
 
▼サンライズ出版の書籍
https://www.sunrise-pub.co.jp/shosekiandgoods/
 
▼最新刊(2019 年7月〜2020 年5月発行)

2020年 4月 27日

4月29日(水)から5月6日(水)まで休業いたします

 
淡海文化を育てる会の会員さまには、最新配本『現代語訳 近江の説話 伊吹山のヤマトタケルから三上山のムカデまで』(福井栄一著、淡海文庫65)発送の際に、元三大師良源の疫神病除のお札(生誕地・玉泉寺ご提供)と、小社企画「おうちで読書!支援キャンペーン」案内などを同封いたしました。後者の一部につきましては、会員以外の方々にも追ってお知らせいたします。
 
新型ウイルス感染症拡大が続くなか、みなさまが心身ともに健やかな日々を過ごされることをお祈り申し上げます。
 

 

ページの上部へ