2020年 10月 16日

京都新聞で歌集『お話の途中』の著者・纓坂佳子さんが紹介されました

 
▼ひと往来:短歌に救われ、初の歌集を出版した/纓坂佳子(おさかよしこ)さん/妹亡くした気持ち詠む
 
 昨年12月、16年間詠み続けた短歌をまとめた初の歌集「お話の途中」(四六判変型、173ページ)を自費出版した。
……
 短歌を詠み始めたのは、2003年12月。出産による妹の死がきっかけだった。「亡くなった人の話を聞かされるのはいやだろうと思った。誰にも話せない自分の気持ちを歌にすることで、私はちょっと救われた」と振り返る。
……
 歌集には400首を収める。3部構成で、1部は妹が中心。2部は子育てや仕事、3部は自然や日々に感じたことを感性豊かに詠んでいる。
 歌集に掲載されている「『そちらにはもう慣れましたか』あなたまでメールが届きそうな空です」は平成が終わる昨年4月、NHKBSが放送した「平成万葉集」の第1回テーマ「ふるさと」で紹介された。
 「短歌は気持ちを正直に出せるのが好き。自分を助けてくれている」……(京都新聞2020/10/16)
 

2020年 10月 14日

京都新聞で青木繁著『トチノキは残った 山里の恵みの自然史と暮らし』が紹介されました

 
▼トチノキの魅力 一冊に/「琵琶湖源流の森を守る」/兵庫の男性刊行
 
……大量伐採の危機にあったトチノキの保全運動を記録するとともに、とち餅や生活用具として人の暮らしと深く結びついてきたトチノキの生態や魅力を一冊にまとめた。
 青木さんは「巨木と水源の郷をまもる会」元代表。執筆の契機は2009年ごろ、住宅の内装材などとして高島市朽木で直径1メートルを超えるトチノキ数十本が伐採されたと知ったことだ。当時、旧県立朽木いきものふれあいの里の館長をしていた青木さんは「1本切ると数十メートルの空間が、2本切ると山の斜面全体がむきだしになる。伐採地はひどい惨状だった」と振り返る。
 著書では、地元住民や研究者、県内外の自然保護団体も参加した保全運動の経過や、トチノキ生態調査を記録した。実の採取などのため、人々が意識的に残してきたトチノキは巨木も多く、「残さなければならない木」との思いを深めていったことも記した。……(京都新聞2020/10/14)
 
トチノキは残った 山里の恵みの自然史と暮らし
ISBN978-4-88325-698-3 
 

2020年 10月 13日

中日新聞で福永保著『近江日野が生んだ名将 蒲生氏郷が攻めた城・築いた城』が紹介されました

 
▼蒲生氏郷ゆかり49城ずらり/松阪、会津若松、日野中野、大河内城など/顕彰会・福永さんが本発行
 
……氏郷は近江の日野で生まれ、織田信長や豊臣秀吉に仕えて、多くの城を戦場にした。一方で、松阪城(三重県)や会津若松城(福島県)の城主となり、築城にも手腕を発揮した。
 著書では、テーマごとに六章に分類。松阪、会津若松の二城を始め、幼少期を過ごした日野中野城(日野町)、信長に仕えた時代の初陣とされる大河内城(三重県)、秀吉に仕えた時代に出世のきっかけとなった小田原城(神奈川県)、石垣構築技術の高さが分かる九戸城(岩手県)、当時の奥州では珍しかった城下町を築いた猪苗代城(福島県)など、各城と氏郷の関係や、逸話、合戦の内容、城の歴史や特徴などを紹介している。
 福永さんは、退職後に「郷土の偉人について知りたい」と考え、もともと城巡りが趣味だったこともあり、「氏郷記」「蒲生軍記」などの古文書や発掘調査報告書を頼りに、九州−東北の城跡を訪れて調べた。……(中日新聞2020/10/13)
 
近江日野が生んだ名将 蒲生氏郷が攻めた城・築いた城
ISBN978-4-88325-702-7
 

2020年 10月 12日

毎日新聞で伊藤眞雄著『近江が生んだ漢詩人 小野湖山』が紹介されました
 
▼明治の三詩人 湖山研究/「謙虚な生涯に共鳴」/彦根の伊藤さんが出版
 
……
 湖山は近江国浅井郡高畑村(現在の長浜市高畑町)生まれ。18歳で江戸に出て、初めは医学、後に詩を学び、三河国吉田藩(愛知県)に仕えたが、尊皇攘夷(じょうい)運動に加わったため、安政の大獄で幽閉された。明治維新後は伊藤博文や渋沢栄一らに漢詩を指導し、大沼枕山(ちんざん)、鱸松塘(すずきしょうとう)とともに「明治の三詩人」と称され、数多くの作品を残した。 
 
 同書は2019年6月に地元ゆかりの偉人を顕彰する施設「五先賢の館」(長浜市北野町)で開かれていた企画展で、湖山の作品に心を打たれた伊藤さんが約半年かけて初稿を書き上げた。4部構成で、第1部は湖山の生涯をたどり、第2部は湖山の漢詩や書を現代かな遣いで紹介。第3部は、北海道探検で知られる松浦武四郎を描いた「北海道人樹下午睡図(じゅげごすいず)」(重要文化財)に湖山の姿があるという米コロンビア大名誉教授の指摘などに言及している。第4部では、地域に残る湖山の書などについて記した。
 
 伊藤さんは「謙虚で、人のために尽くした湖山の生涯に共鳴した」と語る。A5判288ページ。2200円。全国の書店のほか、五先賢の館、長浜城歴史博物館で販売。……(毎日新聞2020/10/11
 
近江が生んだ漢詩人 小野湖山
ISBN978-4-88325-701-0
 

2020年 10月 9日

小倉榮一郎著『近江商人の理念 近江商人家訓撰集 増補版』が毎日新聞で紹介されました

 
▼中村治兵衛宗岸・伊藤忠兵衛ら/近江商人の理念詳しく/彦根の出版社、増補版を発刊
 
…… 
 著者の故・小倉栄一郎氏(1924~92年)は滋賀大経済学部長などを務め、近江商人のモットー「三方よし」を広く紹介したことで知られる。今回は2003年の初版同様、「近江商人の発祥とその系譜」から始めている。発祥地ごとに「高島商人」「八幡商人」「日野商人」「湖東商人」と4分類。薬や麻布を行商し、北関東で醸造業に転じた日野商人など、それぞれの特徴を記述。また近江は天領や他国の飛び地領などが多く、交易と地場産業が早くから発達したと歴史的背景にふれている。
 
 続いて麻布商の中村治兵衛宗岸(1685~1757年)が子孫に「三方よし」を指示した遺言状の写真を掲載。さらに、伊藤忠商事や丸紅を興した伊藤忠兵衛▽江戸・日本橋に大店(おおだな)を構え萌黄色(もえぎいろ)の蚊帳を考案した西川甚五郎▽てんびん棒を肩に商圏を広げ、修身教科書の題材にもなった高田善右衛門――など各商人のプロフィルを新たに加えている。(毎日新聞2020/10/09
 
近江商人の理念 近江商人家訓撰集 増補版
ISBN978-4-88325-687-7
 

2020年 10月 5日

毎日新聞で北川司郎編著『大沢四方山話 彦根市・平田町大沢の歴史散策』が紹介されました

 
▼1000年の地域史 自費出版/平安~現代 元県職員の北川さん/郷土愛あふれる労作
 
 彦根市平田町大沢地区の約1000年にわたる歴史を元県職員、北川司郎さん(76)がまとめ自費出版した。タイトルは「大沢四方山(よもやま)話―彦根市・平田町大沢の歴史散策」でA4判76ページ。写真や地図など計108枚も盛り込み、平安期の起源から現代までを詳しく紹介。ふるさとへの熱い思いが感じられる労作だ。
 
 巻頭には古地図(1893年)と航空写真3枚(1946、79、2011の各年)を掲載した。水田地帯が高度成長期、急速に宅地化された様子が一目瞭然だ。
 
 続いて平安から江戸期の歴史をたどっている。現在の大沢地区を貫くベルロード商店街(県道2号)は、11世紀末、人々が彦根山の寺に詣でるための「巡礼街道」だった。関ケ原合戦後は井伊家がこの山に彦根城を建築。城の南西2キロほどにある大沢地区では、藩主らがタカ狩りをするようになった。勢子(せこ)(鳥獣を駆り立てる役)が必要となり、入植者に家と土地を与えて約30戸の集落が作られたと説明している。
……
「郷土史論文などの引用も多いですが、自分史のようなつもりでまとめてみました。郊外がどのように都市化されていったのか、日本の一つの縮図として読んでいただければ」と話している。市内の図書館、公民館などに配布を予定している。北川さんの連絡先は(0749-26-5639)。(毎日新聞2020/10/03
 

2020年 10月 2日

滋賀夕刊で伊藤眞雄著『近江が生んだ漢詩人 小野湖山』が紹介されました

 
▼小野湖山の生涯を辿る/没後110年 伊藤さんが出版
 
……18歳で江戸に出た湖山は、当時、高畑町を含む田根地域を領していた三河吉田藩に仕え、尊皇攘夷運動に加わったため安政の大獄で幽閉された。明治維新後は家督を譲り、伊藤博文や渋沢栄一ら高位高官に漢詩を指導。大沼枕山(ちんざん)や鱸松塘(しょうとう)とともに「明治の三詩人」と称された。 
 同書では第1部で湖山の生涯を追い、第2部で湖山の漢詩42首と扁額などの書18幅を現代かなづかいで紹介し、解釈を添えている。第3部では北海道探検で知られる松浦武四郎を描いた「北海道人樹下午睡図」(重要文化財)に湖山も登場しているという米コロンビア大学名誉教授の指摘や、湖山が追悼詩を書くほど尊敬していた米原市朝妻筑摩の農耕詩人・渡邊楠亭(なんてい)の生涯などを紹介。第4部では五先賢の館(長浜市北野町)に残る湖山の書などを取り上げている。
……
 伊藤さんは「湖山の生涯は謙虚で人のために尽くすところに共鳴した」と語り、五先賢の館の佐治寛嗣館長は「湖山に関する資料はたくさんあるが、湖山についてまとまって紹介するのはこの本が初めて」と話している。A5判、288ページ、2200円。……(滋賀夕刊2020/09/29)
 
近江が生んだ漢詩人 小野湖山
ISBN978-4-88325-701-0
 

2020年 10月 2日

滋賀民報で尼川タイサク著『びわ湖の畔のニホンミツバチ マキノの里でともに暮らす日々』が紹介されました

 
▼ほんとひと:「びわ湖の畔のニホンミツバチ マキノの里でともに暮らす日々」/神戸大学大学院名誉教授 尼川タイサクさん/ミツバチと暮らす日常から現代社会も
 
「人間と似たところがあって、とにかく可愛くて」。高島市内の自宅の庭でニホンミツバチの巣箱を眺めながら、尼川タイサクさん(77・神戸大学大学院名誉教授)が相好を崩します。……ミツバチを飼い始めて10年来の日記から100話を選んで本にまとめました。
 尼川さんの専門は神経生物学。ハエの感覚器を調べて神経の仕組みを研究し続け、生態全般に詳しいことから「ハエ博士」の異名も。なのになぜニホンミツバチ?……(滋賀民報2020/10/04)
 
びわ湖の畔のニホンミツバチ マキノの里でともに暮らす日々
ISBN978-4-88325-696-9
 

2020年 9月 29日

中日新聞で福永保著『近江日野が生んだ名将 蒲生氏郷が攻めた城・築いた城』が紹介されました

 
▼氏郷公「築城の名手」/顕彰会福永さん 出版記念講演
 
……織田信長や豊臣秀吉の長所を取り入れ、短所は反面教師としながら、築城や家臣の育成に尽力した功績を解説。専門家の間では「築城の名手」と称されており、「商工業や住居といった都市計画の概念を持っていた。城をつくるだけでなく、城下町で経済振興を図る総合的な城づくりを進めていた」と分析し、「近代的な城を築いた功績を全国の人に知ってほしい」と著書をPRした。……(中日新聞2020/09/29)
 
近江日野が生んだ名将 蒲生氏郷が攻めた城・築いた城
ISBN978-4-88325-702-7
 

2020年 9月 29日

朝日新聞で上野善久著『戦後日本流通業のイノベーター ファミリービジネスの業種転換事例』が紹介されました

 
▼戦後の流通変えた実業家像/長浜出身 上野久一郎氏 孫の善久さんが著書
 
……上野家の源流は近江国塩津付近(現・長浜市西浅井町)とされ、その後、長浜市川道町で清酒醸造業や養蚕業を営んでいたという。14歳で家業を継いだ9代目当主の久一郎氏は1917年、23歳で上京。酒類販売の事業を始めた。
 関東大震災や東京大空襲で店舗は2度焼失した。しかし戦後、異業種の出身者を店主に起用した居酒屋を東京の山手線の駅ごとに出店させ、調理人や営業方法などを紹介。独占的に取り扱っている地方の清酒を、その居酒屋に一銘柄ずつ卸すことで差別化もはかった。これはフランチャイズやプライベートブランドの先駆けとみられるという。……(朝日新聞2020/09/29)
 
戦後日本流通業のイノベーター ファミリービジネスの業種転換事例
ISBN978-4-88325-699-0
 

ページの上部へ